心がもたらす変化

うつは心だけの問題ではない

うつは精神的障害が要因で起こっていると言われていますが、実際には精神面だけの問題とはいきません。心が病んでしまうと後々身体にまで影響を及ぼしてしまい健康を蝕んでしまうということもありえるのです。うつ病の方で多いのが、頭痛や吐き気、そして夜寝付けなかったり暴飲暴食で体重の増減が激しくなったり、肉体にまで様々な影響を及ぼしてしまうのです。体調がおかしいと感じたらおそらくほとんどの人は精神科ではなく最初に内科に行くでしょう。しかしうつ病は内科では判明しませんので異常なしで帰されるひとが多く、実際にうつ病なのに治療を受けていないひとの人数の方が実は多いと言われています。日常生活に支障を来す前になんとか処置する必要があります。

専門医に診察してもらおう

まずは自分がどのような状態なのかを判明させることが大切です。うつ病と診断されたらまずは治療に専念しましょう。早期でしたら回復も早い傾向がありますので、しっかりと完治させることが大切です。うつ病は甘えていると考えるひとも少なくありませんし、いまだ理解されにくい病気でもあります。見た目はいつもと変わらないのに、心が病んでるなんて単なる甘えだと仕事で思われてしまう可能性もあるでしょう。しかしうつ病は経験者にしか分からないほど辛いものなのです。周りの声に耳を傾けすぎないようにしましょう。周りにどう思われてるか気になるかもしれませんが、気にすることで余計精神的に病んでしまいます。心にゆとりを持つことも大事なのです。