多くの人々

うつ病は症状を自覚していない人を含めると相当の患者数がいると言われています。社会的な問題とされ、地域社会で復職支援を行う所も増えて来ました。また、大手の場合自社の医療部門で相談することもできます。

» 詳細を確認する

若い年代のうつ

現在うつ病は若い人でもかかりやすい病気と言われています。うつ病になると毎日辛いと感じるようになります。症状として自殺願望も出てくることがあるので、早めに相談を行うことが大切です。

» 詳細を確認する
誰でも悩みます

新型うつ病とは

新型うつ病とは従来型と少しタイプが違います。仕事の過剰ストレスによって起きるもので、新型は仕事の時に鬱状態の症状になり、仕事が終わると元気な気持ちになります。主にカウンセリング治療が行われます。

» 詳細を確認する

心がもたらす変化

うつは精神的な面だけでなく、体にも非常に大きな影響を及ぼします。頭痛や吐き気、体重の増減が激しくなり、様々な症状が出てくるようになります。内科に行く人も多いですが、実際に疾患は見つかりません。

» 詳細を確認する

治療の費用

うつ病の治療費用は短期か長期かによっても異なります。1週間に2回の通院を行った場合2万円程度の費用になりますが、人によって薬の服用量が多くなることもあります。症状が軽い内に病院に相談することが大切です。

» 詳細を確認する

保育士のうつ病

保育士はなぜうつ病になりやすいのか

うつ病になりやすい職業といわれているのが、保育士さんです。実際、毎年うつ病で辞める保育士が全国でたくさんいて問題となっています。保育士の仕事というと、毎日子どもと一緒に遊んで楽しそうと思われる方は多いです。ですが、実のところ、保育士は非常に厳しい職業です。 まず、遊び盛りの子どもと毎日接しているので、体力的にかなりきついです。その他にも、近年ではモンスターペアレントもいるので、精神的ストレスを感じやすいです。また、保育士の仕事は書類仕事も多く、就業時間内に終えられる量ではないこともあります。その他にも、子どものためのおもちゃ作り、壁面装飾作りなど、時間のかかる作業ばかりがあります。なので、非常にストレスを感じやすく、うつ病を発症しやすいです。

うつになったときの正しい対処方法

もしもうつ病を発症した場合は、すぐに病院に行く必要があります。専門の医師に現在の状況を話すだけでも、心の負担が軽くなり、快方に向います。また、お医者さんでは、うつ病の症状を緩和するために抗うつ薬を処方してくれます。抗うつ剤は症状を徐々に軽減させてくれて、うつの症状がほとんどない状態になるまで導いてくれます。 その他にも、うつ病の治療のためには十分な休養が必要です。うつ病を発症する方の多くは責任感が強いので、仕事でなかなか休みを取ろうとしません。しかし、仕事をすると精神的にも身体的にもストレスがかかってしまいます。この状態では、十分な治療効果は期待できません。なので、休むことは非常に治療のためには重要です。

辛い感情に襲われたりする

現代人の心の病であるうつ病は、多くの人が発症しており、現代社会が真剣に考えなければならない病気となっています。うつ病になるといろんな症状が現れます。悲しい感情に襲われ、賑やかな場所にいても自分の気持ちの中だけは別世界で非常に暗い気持ちで押しつぶされそうになるのです。そういった際に無理に笑顔を作ろうとしても、作り笑いであることがかかってしまう感じで顔が引きつっていることもあります。うつ病が進行すると次第に自分の服装に興味を示さなくなったりもしますし、男性の場合は髭を剃ることもやめてしまったりします。 いろんな後悔が頭をよぎったりもしますので、過去に自分がした些細な過ちや間違いを責めて自分で自分を苦しめることもあるのです。

身体的な症状について

うつ病が進行すると体にもいろいろな影響を与えます。例えば睡眠です。寝起きが非常に悪くなり、朝になって目が覚めても布団から起きることが出来ないといった症状にも襲われるのです。また、食事に関しては過食になるか極端な少食になるかの両極端な症状が現れます。これは人によって症状はまちまちですが、うつ病になる前からの体重の増減が激しくなったりします。また、女性は生理にも影響し、何か月も生理が止まったりもする人もいるのです。また、下痢や便秘の症状がひどくなることもあり、うつ病になってしまった本人は非常につらい状態になるのです。身内にうつ病患者をかかえるようになると家族も辛いですが、専門医の診断に従って治癒することを願いたいものです。

社会にも影響を及ぼすうつ病

うつ病はただ心の病気と済まされるものでもありません。最初は心が落ち込んでうつ状態になるのが始まりなのですが、悪化してきますと肉体的にも影響を及ぼしてしまうほどなのです。うつ病によって肉体も病気になってしまう可能性もありますから、うつ病を疑うようになったら早めの段階で病院で適切な治療を受けることをオススメします。早めの段階での治療ならば回復も早いと言われています。一般的には抗うつ剤を投与した治療法が用いられますが、抗うつ剤以外にも心理的カウンセリングで回復に向かうこともあります。個々によって治療法は異なってきますから専門医と相談して無理のないペースで治療することが回復への近道となるのかもしれません。